銀行系のキャッシング

はじめてのキャッシング申込みであれば、銀行のキャッシングローンです。なぜかというと金利も低く総量規制の対象外ですので大きい限度額も利用可能だからです。わざわざ金利の高い消費者金融のキャッシングに最初から申込をする必要はないのですが、まずは銀行のキャッシングを申込してからその審査結果万が一ダメな場合に消費者金融に申込みしたほうがよいです。注意しなければならないのは、消費者金融を申し込みしてから銀行に申し込むことです。銀行の審査は、消費者金融の借り入れを嫌う傾向にあります。そのためあとから銀行に申込みすると消費者金融の借入があるということで審査で断られてしまうこともあるからです。そのためまずは銀行から申込してみることです。

銀行カードローンの特徴ですが、消費者金融と比べると低金利で融資をしてもらうことができます。消費者金融の金利が18.0%で融資をしてもらっているのに対して銀行系となると14%代で最高でもその金利で融資をしてもらうことができるのです。総量規制の対象外ですので年収の3分の1を超える借入もできます。そして、何よりも収入証明書が原則不要で申し込みできます。収入証明書を提出してくださいといわれると、準備するのに時間がかかる人もいます。緊急で融資を希望される方となると、書類が揃わずになかなか時間がかかってしまうこともあります。銀行系のキャッシングであれば、300万円や500万円といった高額の限度額でなければ不要で申し込みできます。